食品

これは知っておきたい!野菜の常温・冷蔵、それぞれの保存方法の区別はついている?

投稿日:

こんにちは、ライターの松子です。

お夕飯の材料を求めてスーパーへ行った時……気になることはありませんか?
この記事を読んでみようと思ったあなたは「野菜」についての疑問を持っているはずです。

筆者である私も不思議に思っていたのですが、スーパーに置いてある野菜は、冷蔵の棚にあるもの常温で並べられているものがありますよね。
ということは、冷蔵か常温か……野菜によって保存方法は違う、ということになります。

けれど、一体どんな野菜が「要冷蔵」なのか?「常温保存」なのか?
これは何を基準に区別されているのか、私もサッパリ分かりません!

そこで、今回は「常温で保存する野菜」と「冷蔵で保存する野菜」との違い、それぞれの保存方法をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

常温保存ができる野菜

まずは「常温保存ができる野菜」をご紹介していきます。

大雑把に分けると、常温保存すべき野菜は芋類・根菜類・夏野菜です。

◇芋類

芋類は光に弱いので、日当たりの良いところでの常温保存はNGです。
光を遮断するため新聞紙などで包み、風通しのいい場所に置くようにしましょう。

・じゃがいも

じゃがいもは新聞紙を敷いたダンボールに入れ、その上にそっと新聞紙をかぶせて保存するのがオススメ。
この方法なら、光の遮断も通気性の面もクリアです。

保存期間は約4ヶ月

・さつまいも

さつまいもは、まとめてポリ袋に入れて保存できますが、その前にやるべきことがあります。
1本ずつキッチンペーパーで包み、その上からさらに新聞紙も重ねて包んでください。
その後に、まとめてポリ袋に入れます。

保存期間は約6ヶ月

・里いも

里いもは洗わず、泥がついたままの状態で保存します。
新聞紙で包み、風通しのいいところに置いてください。
ただし、里いもが湿っている場合は、1時間ほど天日干しをしましょう。
湿ったまま新聞紙で包んでしまうと、カビ臭くなってしまう可能性があるので注意!

保存期間は約1ヶ月

◇根菜類

※玉ねぎは根菜に含まない場合もありますが、ここでは根菜としてご紹介します。

・ごぼう

ごぼうは風味を損ねず長持ちさせるため、泥は落とさないようにしましょう。
そのまま新聞紙に包み、風通しのいい冷暗所に立てて保存します。

保存期間は約2週間

・玉ねぎ

玉ねぎは1個ずつ保存します。

1つ目の方法は、新聞紙で包み、風通しのいいところに置く。

2つ目の方法は、ストッキングに玉ねぎを入れ、結び目を作ります。
そこにまた玉ねぎを入れ、結び目を作る。
これを保存する個数分、繰り返します。
できあがったら、これを吊るしておきます。

ストッキングは洗濯ネットなどで代用してもOK!

3,4ヶ月の保存が可能です。

◇夏野菜

・ナス
・きゅうり
・ピーマン
・トマト

夏野菜は冷やしすぎると品質を落としてしまうため、基本的には常温保存がオススメです。

ただし、ご紹介したどの野菜にも言えることですが、高温・多湿の夏場には常温保存はオススメできません。
冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。

こちらの動画で、夏野菜の保存方法が紹介されています。

【ひと手間かけて野菜が長持ち!?夏野菜の保存方法をご紹介☆】

実践動画なので、簡単に覚えることができます。
ぜひチェックしてくださいね。

スポンサーリンク

常温保存ができない野菜


葉菜類(ようさいるい)と呼ばれる葉物の野菜は、しおれやすいもの。
ですから、常温保存には適していません。

・白菜

すでに切ってある白菜、余った白菜の保存方法です。
カット前なら保存期間は約2週間ですが、切った場合の保存期間は1週間ほど
ラップで包んで冷蔵庫へ入れ、なるべく早く使い切ってしまうのがいいでしょう。

・キャベツ

すでに切ってあるキャベツ、余ったキャベツの保存方法です。
まず、乾燥しないように新聞紙で包み、ジップロック(またはビニール袋)に入れましょう。
そして、切り口が下になるようにして冷蔵庫へ。

保存期間は約2週間

・レタス

レタスの保存方法は、キャベツと同じです。
乾燥しないよう、新聞紙で包んでジップロック(またはビニール袋)に入れ、切り口を下にして冷蔵庫へ。

保存期間はキャベツより短く、約1週間

・ほうれん草

ほうれん草の保存方法も、キャベツ・レタスと同じく乾燥を防ぐため、新聞紙で包むことが必要。
これをジップロック(またはビニール袋)に入れ、軽く締めます。
ギュッと絞って密閉すると、ほうれん草から出る水分により、蒸れて傷んでしまうので注意しましょう。

保存期間は約2週間

まとめ

最後に、おさらいしていきましょう。

◎常温保存ができる野菜

常温保存すべき野菜は芋類・根菜類・夏野菜です。
ただし、高温・多湿の夏場には冷蔵庫で保存しましょう。

◇芋類
・じゃがいも
・さつまいも
・里いも

◇根菜類
・ごぼう
・玉ねぎ

◇夏野菜
・ナス
・きゅうり
・ピーマン
・トマト

◎常温保存ができない野菜

葉菜類と呼ばれる葉物の野菜は、しおれやすいので、常温保存はオススメできません。
冷蔵庫で保存しましょう。

以下の野菜が当てはまります。

・白菜
・キャベツ
・レタス
・ほうれん草

それぞれ、乾燥を防ぐことが重要です。

せっかく買った食材は、きちんと使い切らなくてはもったいないですよね。
ここでご紹介した保存方法を覚えておけば「腐らせちゃった!」なんてことは避けられます!

あなたの生活が、今よりももっと豊かになりますように。

スポンサーリンク

-食品

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

甘酒の効果!健康や美容に良いって本当?おすすめの食べ合わせや口コミを紹介

こんにちは。ライターのネコにゃんです。 最近、甘酒が健康や美容に良いと話題ですよね。 私が子どもの頃は、初詣の時に境内で振舞われている甘酒を飲んだり、ひな祭りの時に飲んだり、年に数回口にするくらいの飲 …

大根おろしとヨーグルトでダイエット!それぞれの効果とやり方、お教えします!

こんにちは!ライターのYokoです! 以前テレビでも紹介されて、話題になった『大根おろし+ヨーグルトダイエット』。あなたはお試しになったことはありますか? 口コミによると、ダイエット効果はもちろんです …

うどんとそばはどっちが健康に良いの?カロリーや消化の良さを比較しました!

こんにちは!ライターのmakochamです! 実は私無類の麺好きなのですが、あなたも麺好きですか?食べてますか? ラーメン、うどん、そば、パスタ、フォー、春雨等様々な麵料理がありますが、その中でも日本 …

はちみつの健康効果があなどれない!相性の良いおすすめの食材も紹介!

こんにちは!ライターのtenniscatです! 今日は、はちみつ好きのあなたに朗報ですよ! 実ははちみつには、まだまだ一般的には知られていないびっくりするほどの健康効果があるのです。 これを調べた私自 …

正しいキャベツの保存方法、伝授します!しっかり把握していないともったいない!

こんにちは、ライターの松子です。 さて、家にあると便利なお野菜のうちに、キャベツが挙げられるかと思います。 基本的にはお値段もお手ごろですし、和洋中すべてに対応できるところも魅力的。 ですが、安いから …

スポンサーリンク

スポンサーリンク