お金

株の初心者は資金はいくら必要?少額投資のミニ株や無料でやる方法は?

投稿日:2017年12月18日 更新日:

こんにちは!ライターのtenniscatです。

株を始めてみたい。
興味はあるけれど、どうやればいいのだろう。それに資金は・・?
今回はそんな株初心者のあなたにぜひ読んでいただきたい記事です。

私は個人的に、大学時代からFXに興味を持ち始めていました。
大学生になると新聞を読んだほうがいいとか、それに読むなら日経をとるべきだとかそんな話が自然と舞い込んできたためになんとなく身近な存在だったからです。

とはいえ、つい最近まで何の行動も起こしていませんでした。
なぜなら、不安要素が多すぎて怖かったからです。
特に資金面に関して。
これは初心者がぶつかることになる、最初の大きな壁と言ってもいいでしょう。
誰だって、基本的にはまず自己資本をもとに投資を始めるはずです。
自分のお金を使う以上、楽しみがある反面そのリスクを無視するわけにはいきません。

そこで今回は、これから株を始める初心者の方向けに資金面からサポートする記事をまとめました。
少しでも不安を解消して、将来性の見込める株式投資のお手伝いができれば幸いです。

スポンサーリンク

株初心者。資金はいくら必要?

株初心者のあなたに向けて、質問です。
株式投資は、投資家が株を購入することでスタートとなるわけですが・・・。
株ってひと株いくらでしょうか。
そして、投資には株が最低いくつ必要なのでしょうか。

答えは、あなた次第です。
漠然とした答えですが、これらはあなたがどの銘柄を選んで投資するかによってまったく違ってくるということです。
どういうことか説明していきますね。

まず株を発行しているのは企業ですから、株の値段はその企業が決定します。
ですからその値段にはいわゆる「相場」は存在せず、安いものは100円からと少額であり、高いものでも数千円の値段で取引されています。
ただ、そうかといって誰でも、どんな株にも手を出せるかというとそうではないところがあります。

実は株式はまとまった単位での購入が必須となっており、10株、100株、1000株単位での投資となるのです。よって、1株だけ買うというようなわけにはいかないのです。
たとえば、1株500円の株でも100株単位とあれば5万円からの投資ということになります。

よって、冒頭の「資金はいくら必要か」という質問の答えは一概に言えませんが、
1株の値段×最低単元株数=必要な資金
であるわけですから、気になる企業がどういった形で売り出しているのかを確認することが大切ですね。

スポンサーリンク

少ない資金でおすすめの投資方法

ここまでの説明で、各企業の株価と単元株数の関係はご理解いただけましたか。
興味をお持ちの企業への投資を考えている方もいらっしゃるかもしれません。
一方、単元株数の多さにそれを諦めてしまう方も多いのではないでしょうか。

安心してください。
あなたにもその株を買うことができます。
「えっそんな方法があるの・・・?」
あるのです。
それが、「ミニ株」です。

ミニ株とは何でしょうか。
これはネット証券が独自に扱っているサービスのことで、企業が設定した単元株数に関係なく1株から株を買えるようにした画期的な株のことを言います。
こちらが、そのミニ株のサービスを行っているネット証券です。

・SBI証券:S株
・マネックス証券:ワン株
・カブドットコム証券:プチ株

これらのネット証券を利用すれば、初心者や資金が少ない方であっても、希望の企業に投資することが可能です。
まずはやってみたい。低リスクで挑戦してみたいという方にはぴったりである投資です。

ただ、この魅力的な投資にもデメリットが存在します。
それは何かというと、

・手数料が少し割高である。
・注文方法は「寄り付き」のみである。(寄り付き:株式市場が開いてから最初に付く値段。)
・単元株に達しないと株主優待の権利が得られない。 など

また、低位株も株初心者の方や少ない資金で投資される方におすすめできる投資です。
低位株とは、株価それ自体が相場全体の株価水準に比べて低いものを言い、一般的には300円から500円以下の株式のことを指します。
安いですね!これなら100株単位でも手が出せそうです。

しかし、この株にも注意点があります。
それは、もともとの株価が安いことが理由なのですが、株価の変動率が高いということです。
株価は市場の動きで毎日変わりますが、安い株価は高いものと比べてより敏感に動きまわされてしまうのです。
株価が10円上がった。なんてことはたいしたことのなさそうな感じですが、それが元値100円の株の場合では変動率は10%。かなり大きな動きです。
ですから、上がるときも下がるときも大きな変化が生じやすいということになります。
したがって、中長期の投資というよりも毎日のようにその変動を確認する必要があるデイトレード向きと言えます。

資金無料で株をやる方法

ここまで、初心者の方が少ない資金で株投資を始める方法をご紹介してきました。
にもかかわらず、最後にご紹介するのは無料で株をやる方法です。
さて、どんな方法なのか。

それは、バーチャル投資です。シミュレーションゲームです。
その代表的なものとして、「トレダビ」をご紹介します。

【トレダビの始め方と使い方】

なんだ、ゲームか。
いえ、侮ってはいけません。
これはゲームですが、ちゃんとした立派なゲームなのです。
何がスゴイかというと、実在する上場企業のリアル株価を使用しているということ。
さらには、それが証券会社の研修にも採用されているほどの完成度であるということです。

これを利用すれば資金無料で株式投資を学ぶことができます。
実際にお金を使う前に、これで経験を積んでおくのも悪くないですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
興味のある方法はありましたか。

今回は、
・株初心者は資金がいくら必要か
・少ない資金でおすすめの投資方法
・資金無料で株をやる方法
をご紹介しました。

世の中にはたくさんの株式が発行されていて、それ以上に無数の情報があふれています。
この株を選ぶべき、あの株は絶対にやめたほうがいい。
そんな声もあちらこちらから聞こえてきます。

しかし、初心者といえど実際に投資するのはあなたです。
どの企業にいくら投資するのかを決めるのは、自分の集めた情報と資金です。
下手な誘惑やウソに騙されてはいけません。

今は資金が少なく初心者であるかもしれません。
しかし、今回ご紹介したような、低リスクで挑戦できる環境があるのです。
興味があればまずはやってみましょう。
自分のお金で、自分の判断で投資しましょう。
そこで培った経験がきっとその後の投資活動に役立ちます。

ご武運をお祈りいたします。

スポンサーリンク

-お金

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

株を買って株主優待と配当をゲット!初心者でもわかるルールとおすすめの銘柄!

こんにちは!ライターのまり金魚です! 今日は株主優待について色々お得な情報をご紹介致します! 「株主優待が良いってよく聞くので興味があるなあ」 「株を持ってると、どうお得なのか知りたい!」 「株を購入 …

お金を貯める7つのコツ!貯金できる人とできない人の決定的な違いとは?!

こんにちは!ライターのharukaです。 突然ですが、あなたは何のためにお金を貯めたいですか?「欲しいものがある」とか「将来のために貯めたい」とか、お金を貯めたい理由は人それぞれですよね。しかし思うよ …

家計簿の書き方!初心者でも簡単にわかる解説!これでお金がどんどん貯まる!

こんにちは!ライターのmakochamです! 毎月毎月いざというときのために貯金をしよう!そう思ったはいいものの、毎月給料日前にはカツカツでやりくりせざるを得なくなってしまい、なかなか貯金の習慣ができ …

IPO(新規公開株)の抽選!おすすめの証券会社は?当選確率を上げるコツとは?

こんにちは!ライターのまり金魚です! 今日はIPO(新規公開株)の当選確率を上げるコツをご紹介します。 IPO(Initial Public Offering)新規公開株とは、企業が新規上場(市場に新 …

ふるさと納税の仕組みを簡単に解説!確定申告はどうやるの?おすすめの商品は?

こんにちは!ライターのまり金魚です! あなたはふるさと納税にどんなイメージを持っていますか? 「税金を納めたら見返りに特産品が貰える」 「税金がたくさん割引されて凄くお得になる」 「自分のふるさとに納 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク