生活

ネガティブは損!人生を楽しむために今日から思考をポジティブに変える方法!

投稿日:

こんにちは、ライターのmarieです。

あなたは自分のことをポジティブだと思いますか?ネガティブだと思いますか?

わたしは、昔とてもネガティブでした。何かを始めるときは悪い結果を想像してしまうし、失敗することも怖くて、「どうせわたしには無理」と諦めてしまうことが多かったです。

でもそれって、すごくもったいないことですよね。
本当はやりたいことがあるのに、挑戦もせずに諦める。そういうことって、月日が経ってももやもやと心の中に残りませんか?
わたしは残っています。

だからこそ、これから先はそういう思いが少しでも減るように生きたいと思っています。

そのためにポジティブ思考を心掛けています。少しずつですが、ネガティブ思考が減ってきました。そして楽しいと思えることが増えました。

ちょっとした工夫でネガティブ思考は変えられます。
今回はポジティブ思考になる方法や、ネガティブ思考の原因・デメリットなどをご紹介します!

スポンサーリンク

ネガティブ思考をポジティブ思考に変える方法とは?

これからご紹介することを毎日続けていると、自分の行動や考え方が少しずつポジティブな方に変わっていくのが分かります。

・プラスの言葉を使う
人は、周りから言われる言葉・自分が使う言葉に影響を受けます。自分に関係のない愚痴でも、耳に入ってきたら嫌な気分になりますよね。でも他人を変えるのは難しいです。
まずは自分が使う言葉を変えてみましょう。

「ありがとう」「楽しい」「嬉しい」「おいしい」などの言葉を積極的に使っていくと、気持ちが明るくなります。

例えば仕事が大変だったときも「疲れたー!」ではなく「今日も稼いだー!」と言うだけで、ずいぶん印象が変わりませんか?このように、「プラスの言葉に言い換えられないかな?」と考えるのも楽しいですよ。

・いい所を探す
これはプラスの言葉を使うときにも効果的です。
苦手だな、と思う相手にも1つくらいはいいと思える所があると思います。

そして自分にもそれは当てはまります。ネガティブ思考の人は、自分に対して否定的だったり自信が持てなかったりします。でも1つくらいだったら、いい所も思い浮かびませんか?

1つもないという人も考え方を変えてみてください。「他人にどう思われるかすごく気になってしまう人」は「他人の気持ちをしっかり考えられる人」だとも言えますよね。

自分が短所だと思っている所も、他人から見れば長所の場合もあります。1つも長所がない人なんていないと、わたしは思います。

・小さい成功をたくさん経験する
高すぎる目標を立てると、途中で挫折してしまう可能性があります。そして「やっぱり自分には無理だった」と自信をなくしてしまいます。

目標を立てるときは、小さめの目標を小刻みに立てましょう。ちょっと簡単すぎるかな?と思うくらいでも大丈夫です。その目標を1つずつ着実に達成していくことで、「自分にもできる!」と自信がつきます。

人と比べずに過去の自分と比較すると、より成長が分かりやすく、やる気もさらに湧きますよ。

・ポジティブ思考の人と過ごす
「あの人みたいになりたいな」と思える憧れの人がいるなら、その人と過ごす時間を増やしてみましょう。そしてその人がいつも、どんな言葉を使っているか・どんな行動をしているかを観察して、真似してみてください。徐々に自分の行動と考え方が変わってくるのが分かります。

身近な人じゃなくても効果はあります。わたしは、芸能人や偉人の名言集などをよく見ます。自分の好きな人の名言はメモして何度も読み返します。

自分では思いつかないような物事の捉え方をしている人もいるので、学ぶことがとても多いです。視野も広くなって悩んでいたことが小さく感じ、心がスッと軽くなりますよ。

でも思考を変えることは簡単なことではないですよね。もし、ポジティブ思考を意識し過ぎて辛くなってしまったときは、こちらの動画を参考にしてみてください。

【究極の【ポジティブ思考】になる方法】

「ポジティブ思考は、ただ単に明るく振る舞うことではなく、ネガティブ思考とも上手に付き合うこと」
それがポジティブ思考で居続けるカギにもなるんだな、と動画を見て思いました。

スポンサーリンク

ポジティブ思考のメリットとネガティブ思考のデメリット

ネガティブ思考よりポジティブ思考の方がいい理由は、ポジティブ思考にはメリットがたくさんあるからです。

まず自分の長所に目を向けることで自信がつきます。他人や毎日の出来事に対しても、ポジティブに捉えることができるので不満が減り、感謝の気持ちが生まれます。

失敗しても後悔ではなく反省をし、次に生かせるので行動力もアップします。
行動力がアップすると、自分のやりたいことをやれるようになり、毎日を楽しく過ごせ、次第に笑顔も増えます。そういう人の周りには、自然といい人が集まってきます。

でもネガティブ思考だと、ネガティブ思考の人が寄ってきます。
そのため人間関係もうまくいかず、失敗が怖くて自分のやりたいこともできません。挑戦しないから成功もなく、自信もどんどんなくなってしまいます。そこから、うつ病になってしまう可能性もあります。

さらに、表情が乏しくなるので顔の筋肉が衰え、実年齢より老けてしまう事も。

自分だけでなく周りにも、そして内面だけでなく外見にも悪い影響を与えてしまうのです。

ネガティブ思考の原因とは?

思考は、小さい頃からの経験や言葉に左右されます。

失敗したらすぐ諦めてしまっていた、親にあまり褒められなかった。こういう経験が多い人は自分の評価が極端に低く、自分に自信をもつことも苦手です。

わたしも親に褒められた記憶があまりないので、自分に自信をもつことは難しかったです。

他にも、睡眠不足や栄養不足、セロトニン不足も、ネガティブ思考の原因になります。
いつもよりネガティブだなというときは、体が疲れているサインかもしれません。そういうときは無理せず、しっかり食べて早めに寝ましょう。

セロトニンは太陽の光を浴びると増やすことができますよ。

まとめ

ポジティブ思考には、たくさんのメリットがあることが分かりました。

「ありがとう」や「おいしい」「幸せ」など、プラスの言葉を積極的に使うだけで気持ちが明るくなります。プラスの言葉を使おうとすると、他人や物事のいい面を探そうとします。
そうすると見える世界がパーッと明るくなります。

どうしても気持ちを切り替えられないときは、無理せずに栄養を摂って早めに寝ましょう。そして少しでも太陽の光を浴びてみましょう。

でも小さい頃の経験などから自分に自信が持てず、なかなかネガティブ思考から抜け出せない人もいると思います。

わたしも今まで、何かを成し遂げたことはなく、諦める癖がついてしまっていたし、自分の限界を自分で勝手に決めていました。
でも、やりたいことはずっとありました。
それに挑戦すらできない人生なんてもったいない。そう思って今、ネガティブ思考からポジティブ思考に変えている最中です。まだまだ難しいこともありますが、ゆっくりと、でも確実に変わっているのを実感できています。

無理して明るく振る舞うことは、本当の意味でのポジティブ思考ではありません。
辛いときは辛い気持ちを一度しっかりと受け入れる。そうすることによって、次はどうすればいいかが見えてくるのです。
しっかりと対策をして再挑戦するので、同じ失敗もしません。それが自信に繋がります。

周りがいい人たちばかりで、自分もやりたいことをやれている。そんな未来を想像するとワクワクしませんか?そのワクワクが大切です。
一度きりの、自分の人生です。「わたしなんか…」と思わずに精一杯楽しみましょう!そしてポジティブ思考で、自分も周りもハッピーにしちゃいましょう!

スポンサーリンク

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

楽天ポイントを簡単に貯める方法と有効な使い方!Edyに換えてコンビニで使おう!

こんにちは!ライターのmiinaです あなたは、最近すごく貯めることが出来ると話題の楽天ポイントについてご存知ですか? 実際、楽天ポイントという言葉は知っていても貯め方や使い方を知らない人が多いんです …

ドラッグストアの商品が安い理由!イベントやポイントを利用すれば更にお得!

こんにちは!ライターのYokoです! 医薬品や化粧品はもちろん、日用品や食料品、近頃では生鮮食品まで置いている「ドラッグストア」ですが、ここ数年で店舗数が急激に増加しているようです。 あなたは普段の買 …

フローリングがベタベタする…。その汚れ、掃除でキレイに取り除きませんか?

こんにちは、ライターのmarieです。 ピカピカのフローリングって気持ちいいですよね。フローリングを綺麗するだけで、お部屋全体がパッと明るくなる気がしませんか? ですが、フローリングを綺麗に保つことっ …

【家庭用】書類をきちんと整理する方法!資料の迷子はもうゴメンだ!

こんにちは!ライターのソフィです。 毎日の暮らしの中で、請求書、領収書、子供の学校からの連絡事項など様々な書類がたまって行きますよね。そしてそれを適当に机の上や引き出しの中に入れていると、いざ必要な時 …

電子マネーとクレジットカードの違いを比較!メリットとデメリットは?

こんにちは、ライターのげんげんです。 電子マネーとクレジットカードの違いを説明するのは難しいですよね? 先日、筆者は母に「楽天エディと楽天カードってどう違うの?」と聞かれ、説明に困りました。 見た目も …

スポンサーリンク

スポンサーリンク