生活

見た目が不潔な茶渋!しっかり落とす方法を分かりやすく解説します!

投稿日:2020年1月15日 更新日:

こんにちは、ライターの松子です。

きちんと洗っているのにコップが汚れている……なんてことはありませんか?
「でも洗ってるんだし、私は気にならないわ」という人もいるかもしれませんが、見た目はどうしても不潔に見えてしまいます。

その汚れのようなものの正体は「茶渋」です。
自分は気にならなくとも、誰かにお茶を出す際に茶渋があるコップを出されたら「あれ、これちゃんと洗ってる清潔なものかな?」と思われても仕方ありません。
特に相手が異性(それも恋人)であれば「不潔」と思われるのは絶対に避けたいですよね。

今回は洗っても取れない「茶渋」について、その原因と解決策をご紹介していこうと思います。

スポンサーリンク

茶渋の原因とは?

まずは「ちゃんと洗っているのに、どうして茶渋がついてしまうの?」という疑問を解決していきましょう。

茶渋の原因をズバリ言いますと「カテキン」という成分です。
緑茶や紅茶などに含まれるカテキンは、水に含まれている成分と結合し、それが「茶渋」としてコップに着色してしまうのです。
この茶渋の色素は水に溶けにくい上、特に陶器表面の成分とも強く結びつき、他の食器などと同じように洗っただけでは落ちない汚れとなってしまいます。

これが「茶渋」の原因です。

スポンサーリンク

茶渋を落とす方法

茶渋の正体がカテキンであると分かったところで、いよいよ茶渋を落とす方法のご紹介です。

茶渋を落とす方法には、以下のようなものがあります。

・塩で擦る

スポンジにをつけて、茶渋のある部分を擦ります。
塩を研磨剤として、茶渋を落とします。

・メラミンスポンジを使う

水だけで汚れを落とす優れもの・メラミンスポンジを使って落とします。

・重曹を入れた熱湯に浸す

キッチンの掃除に使える!と、もはや定番になっている重曹を使う方法です。
茶渋のついてしまったコップに重曹を入れ、そこに熱湯を注ぎます
5分から10分程度、そのまま浸けておきます。

茶渋の頑固さによって浸す時間を長くしたり、お酢をプラスするのもオススメです。

・キッチン用の漂白剤を使う

ここで注意していただきたいのは、漂白剤と言っても「キッチン用」のものを使うことです。
茶渋には、特に酵素系のものが効果的です。

こちらの動画では、塩で茶渋を落とす実演をしています。

【塩で茶渋を取ります】

「本当に塩で落ちるのかな?」と思った方は、ぜひご覧ください。

まとめ

それでは最後に、この記事の内容をまとめていきたいと思います。
おさらいとして活用してくださいね。

◎茶渋の原因

お茶に含まれるカテキンが原因。
水に含まれる成分とカテキンが結合すると、茶渋として着色してしまう。
特に陶器は落ちにくい。

◎茶渋を落とす方法

茶渋を落とすには、以下の方法があります。

・塩で擦る
・メラニンスポンジを使う
・重曹を入れた熱湯に浸す
・キッチン用の漂白剤を使う

これで、見た目が汚い=不潔という悪い印象を人に与えずに済むはずです。
ご紹介したことをぜひ参考にして、あなたの生活をより美しくしましょう!

スポンサーリンク

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フローリングがベタベタする…。その汚れ、掃除でキレイに取り除きませんか?

こんにちは、ライターのmarieです。 ピカピカのフローリングって気持ちいいですよね。フローリングを綺麗するだけで、お部屋全体がパッと明るくなる気がしませんか? ですが、フローリングを綺麗に保つことっ …

パジャマの洗濯してますか?清潔に保つための適正頻度を解説します。

こんにちは!ライターのharukaです。 あなたはパジャマをどれくらいの頻度で洗っていますか?私は汗をかいたな~と実感した日の翌朝はすぐに洗いますが、大体は3~4日に1回くらいです。パジャマって、寝て …

灰汁(アク)の成分とは?取ったほうが良いの?正しい取り方は?

こんにちは、ライターのぽんたです。 お鍋の中で野菜やお肉を茹でたり煮込んでいると出てくる、「灰汁(あく)」。見た目が美しくありませんし、取るのも面倒ですよね。 私も料理の時に頑張って取ろうとするのです …

冷蔵庫のイヤな臭いとさようなら!原因を知り、しっかり対策しよう!

こんにちは、hana_soraです! 夏場になると特に気になってくる冷蔵庫の臭い、嫌ですよね。冷蔵庫を開ける度に臭いが気になって、買ってきた食材を入れるのも躊躇してしまいます。著者も、掃除をしてもなか …

心理学の効果とは?種類についても解説!実は詐欺の手口にも使われている!

こんにちは!ライターのharukaです。 心理学という言葉、誰しも1度は聞いたことがあるのではないでしょうか?心理学は仕事や育児、恋愛でも使えるということで、多くの人が興味を持つ分野です。私も学生時代 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Secured By miniOrange