蚊をどうにかしたい!刺されないための対策と刺された場合の対処法!

投稿日:

こんにちは!ライターのharukaです。

夏になると出現するのが。刺されるとかゆくてかゆくてたまらないですよね。でも刺されたところをかいてしまうと、一旦はかゆみが軽減されますが、時間がたつとまたかゆくなってきます。これが何度も繰り返し続くので、本当に嫌になってしまいます。

できれば蚊に刺されない方法、知りたくありませんか?蚊に刺されなければ、かゆくなることもないですもんね。今回は、そんなあなたに蚊に刺されない対策方法を紹介します。

また、刺された時の正しい対処法、蚊に刺されやすい人の特徴蚊の対策にピッタリのアイテムも紹介しますよ。これであなたの夏も、さらに快適に!

スポンサーリンク

蚊に刺されにくくするための対策

蚊に刺されないようにするには、どうしたらいいのでしょうか?

【虫よけスプレーを使う】
これは簡単にできる方法ではないでしょうか?虫よけスプレーは、蚊だけでなく他の虫も対策できるので、外出時につけておくと安心です。

スプレータイプもあれば、ウェットティッシュのようなタイプもあります。スプレーだと持ち歩くのが大変ですが、ウェットティッシュタイプだと持ち歩きも簡単にできますね!

【服装を変える】
暑い夏はどうしても、半そで半パンなどの露出が多い服装になってしまいますよね。肌が露出している分、蚊に刺される可能性も高まります。長袖長ズボンを着ることで、蚊に刺されるリスクを減らすことが可能です。

また、蚊は暗いカラーの服に近寄っていく習性があると言われています。黒やダークグレーなどの暗いカラーの服をよく着る人は、白などの明るいカラーの服を積極的に着るようにしましょう。

【アロマを活用】
アロマの香りの中には、蚊が嫌う香りがあります。特に効果のある香りがこちら。

・シトロネラ
・ラベンダー
・ゼラニウム
・レモンユーカリ
・レモングラス

アロマをお家で活用してみてくださいね。また、アロマはスプレーにして持ち歩くこともできます。アロマスプレーの作り方はこちらです。

【【DIY】好みの香りで癒されて♡簡単アロマスプレーの作り方】

すごく簡単に作れますね!アロマで香りを付けることで、虫よけ効果だけでなく、リフレッシュ効果も期待できますよ。

スポンサーリンク

蚊に刺された場合の対処法

蚊に刺されてしまった際、どのように対処するといいのでしょうか?

【お湯につける】
刺された箇所を、50℃以上の熱めのお湯につけましょう。刺された部分に熱を与えると、蚊の唾液を熱が分解してくれます。その効果でかゆみが引くのです。

刺される場所によっては、お湯につけるのが難しい場合もありますよね。その時は、水に濡らしたタオルを絞り、電子レンジで温めたものを使いましょう。

他にも、ドライヤーの熱風を患部にあてることも有効な方法です。

【絆創膏を貼る】
蚊に刺された部分を保護するため、絆創膏を貼りましょう。蚊に刺されると、患部がかゆくなってしまいますよね。掻きむしってしまうと、さらにかゆくなってきます。絆創膏を貼ることで、万一患部を掻いてしまってもそれほど大きな傷にはなりません。

【酢を塗る】
蚊の唾液が影響し、患部は弱酸性になっています。アルカリ性のを患部に塗ることで、腫れを抑えることができます。

酢がない場合は、アルカリ性の石鹸や洗剤などで患部を洗うといいですよ。

【塩を塗る】
塩を塗ることで、蚊の唾液成分を取り除きます。

患部を掻きむしってしまい、血が出ている人や傷になっている人は、塩を塗ることで痛みが発生してしまう可能性があります。そういった場合はこの方法をおすすめしません。

蚊に刺されやすい人はどんな人?

「私蚊に刺されやすいタイプなんだよね」という人もいらっしゃるのではないでしょうか?蚊に刺されやすい人って、どんな人なんでしょうか?

【体温が高い人】
体温が高い人は、蚊に狙われやすいと言われています。真夏日や、運動をした後、お風呂に入った後、お酒を飲んだ後などは体温が高いですよね。そういったタイミングに蚊に刺される場合が多いです。

また、蚊は二酸化炭素に敏感に反応します。運動後などは特に、息が荒くなってしまいますよね。その際に二酸化炭素をたくさん排出しているので、その二酸化炭素に反応して蚊がやってきます。

【妊娠中の人】
妊娠中も体温が高く、二酸化炭素も多く排出しています。その影響から、蚊に狙われやすいそうです。

蚊は感染症の原因にもなります。妊娠中は虫よけスプレーを付けるなど対策をしてから外出する方が良さそうです。

【遺伝】
蚊の研究はいろんな場所でされているのですが、その結果からみると、蚊に刺されやすいかどうか?というのは、最大85%、遺伝によって決まるのだそうです。遺伝が原因だとすると、対策も難しくなりますね。

蚊の対策グッズ

蚊の対策グッズを3つ紹介します。

【サラテクト ウォーターミスト】

Amazonはこちら↓
アース製薬 虫よけスプレー サラテクト ウォーターミスト 200mL

楽天市場はこちら↓
サラテクト ウォーターミスト200ml 〔虫除け〕アース製薬

スプレータイプの虫よけスプレーです。腕や脚はもちろん、顔にも使える万能スプレーですよ。4種の保湿成分も配合されているので、お肌に優しい。無香料タイプなので、香りに敏感な人や子供にも使えます。

【押すだけノーマット】

Amazonはこちら↓
アース製薬 おすだけノーマット スプレータイプ120日分 25mL

楽天市場はこちら↓
おすだけノーマット 120日分 つけかえ(25mL)【おすだけノーマット】

こちらは蚊の殺虫剤です。私もこの商品はずっと使っています。部屋で蚊が飛んでいるのを見つけた時、すぐにこれをプッシュしています。時間がたつと蚊がいなくなり、よく見ると床に蚊が落ちています。殺虫能力がとてもすごいです。

【アース渦巻香】

Amazonはこちら↓
アース製薬 アース渦巻香 蚊取り線香 ジャンボ 50巻缶入

楽天市場はこちら↓
アース渦巻香 ジャンボ50巻缶入 大型 

庭などの屋外に使うなら、こちらの商品がおすすめです。長時間効果が持続するので、ガーデニングなどの庭仕事をする際に使うと良いですね。

まとめ

・蚊に刺されないようにする方法
虫よけスプレーを使う、服装を変える、アロマを活用する

・蚊に刺された時の対処法
患部を温める、絆創膏を貼る、酢や塩を塗る

・蚊に刺されやすい人の特徴
体温が高い人、妊娠中、遺伝

・対策グッズを紹介
サラテクト ウォーターミスト、押すだけノーマット、アース渦巻香

虫よけスプレーやアロマスプレーを使った蚊の対策なら、誰にでも簡単にできますよね。アロマスプレーなら、自分で好きな香りを選べるので、とてもおすすめですよ。蚊に刺されやすい…という人は、それらを活用してみてください。

また、蚊に刺された時はつい掻きむしってしまいがちですが、これからは患部を温めたり、絆創膏を貼るなどして対処してくださいね。

最後に3つのグッズを紹介しました。私もこれから外に出る時は、サラテクトを身体につけてから外出したいです。

スポンサーリンク

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

桃は当たり外れが激しい!失敗しない見分け方とは?!甘くておいしいモノを選びたい!

こんにちは!ライターのAnnaです! 夏になると食べたくなるのが見た目も可愛らしい桃。 あのジューシーでほんのり酸味のある味が夏の疲れも吹き飛ばしてくれそうだと思いませんか? ただ、スーパーで購入した …

夏休みの自由研究の課題は悩む必要なし!楽しくできる小学生向けのおすすめのテーマ!

こんにちは!ライターのharukaです。 楽しみがたくさん待っている夏休み。そんな楽しい夏休みですが、夏休みには宿題が付きもの。 宿題の中には「自由研究」というものが必ずありますよね。研究テーマは子供 …

厚木花火大会『2018年』鮎まつりの日程!穴場と有料席チケット情報!

こんにちは、お祭りで実際に働いていました!お祭りライターの音庭です。 さて、今年も夏の花火大会がやってまいりますがもうどこの花火大会に行くか決めましたか?関東だけでも色々なところで行われていますが、こ …

キンカンVSムヒ、それぞれの効果と使い分け!酷い虫刺されによく効くのはどっち?

こんにちは!ライターのYokoです! 夏の風物詩と言えば…、 花火に海水浴、お祭りにかき氷! そして忘れてはいけないのが蚊の存在です! ぷ~んという羽音や、刺された後の猛烈な痒みや腫れは本当に嫌なもの …

初心者でもできるカブトムシの飼い方!餌は何をあげれば良いの?

こんにちは、ライターのもんきちです。 カブトムシは飼ったありますか? この前子供を連れて、近くの公園に出かけたらカブトムシを捕まえました。 子供と二人で大喜びだったのですが、いざ子供に「飼いたい」と言 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク