食品

生クリームとバタークリームの違いはこれだ!どっちがおいしいの?

投稿日:2018年7月31日 更新日:

こんにちは!ライターのAnnaです!

生クリームはお菓子作りに欠かせないものかと思います。
真っ白なクリームがスポンジを包んでとてもきれいですよね。
そのクリームを口に運ぶとクリームの甘い香りが鼻をくすぐり、とても幸せな気分になるかと思います。

また、生クリームを使ったケーキ以外にもバタークリームケーキというものがあるのをご存知でしょうか?
バタークリームは生クリームに比べもったりとした舌触りで、口に入れた瞬間にバターの風味が溢れます。

今回はお菓子作りの代表の生クリームとバタークリームの違いや美味しさ、気になるカロリーの違いについて調べてみました。

スポンサーリンク

生クリームとバタークリームの違いはこれだ!

生クリームは動物性生クリーム植物性生クリームの2つの種類があります。
動物性生クリームは、牛乳を遠心分離させて乳脂肪分をぎゅっと濃縮して作るものです。
乳脂肪分が高いほど味わいは濃厚で、生クリームならではの風味と濃厚なコクを感じられます。

また、乳脂肪分が低いタイプの生クリームは口当たりも軽く、たくさんの量を食べる時に適しているでしょう。
色はやや黄色みがかった白で、短時間でホイップを作ることができるというメリットがあります。
デメリットとしては、分離しやすいという点です。

最近は、植物性の生クリームというものも販売されています。
植物性の生クリームは、コーン油や大豆油、ヤシ油などに乳化剤を加えてクリームのように加工したものです。
動物性の生クリームよりも価格が安く、賞味期限が長い部分が特徴になります。

尚、植物性生クリームは動物性生クリームよりも色味が白いです。
ケーキのデコレーションなどに使用することで、ケーキの仕上がりがきれいになります。
植物性生クリームはキレイな形を作ることが可能になりますが、泡立てに時間を要するというデメリットもあります。

バタークリームは、泡立てたたまごの白身と無塩バター、砂糖などを混ぜ合わせて作られたクリームです。
生クリームよりも甘く、舌触りがとてもなめらかなのが特徴ではないでしょうか。

このままでも十分おいしく食べられますが、カスタードやジャムなどと混ぜ合わせてあるものも多くあります。
バタークリームのメリットは、生クリームと比べて保存が効くという点です。
昔はバタークリームを使ったケーキをよく見ました。
最近は、バターの価格高騰や作る際に手間が掛かるという理由から、ケーキ屋さんではあまり見なくなったように思います。
混ぜる砂糖や水、ジャムなどで風味や軽さに違いが出るのも、バタークリームを使ったお菓子作りをする際の面白いところです。

バタークリームの作り方はこちらの動画を参考にしてみてください。

【バタークリームの作り方】

バタークリームを作るのにはちょっとしたコツがありますので、この動画を見て美味しいクリームを作ってみましょう!

スポンサーリンク

生クリームとバタークリーム、どっちがおいしいの?

生クリームとバタークリームはどちらがおいしいかということについて、まずは両方の美味しさについて調べてみました。
先ほどもお伝えした通り、生クリームには動物性生クリームと植物性生クリームがあります。

動物性生クリームの美味しさは、乳本来の味や香りが楽しめるところです。
乳脂肪だけを使った生クリームは他のクリームと比べ、コクの深さが違います。
濃厚なコクが味わえるので、さっぱりとしたフルーツとの相性が抜群です。
また、ホイップした動物性生クリームはケーキに塗るだけでなく、コーヒーや紅茶の上に乗せて味わうのにも適しています。

植物性生クリームの美味しさはあっさりとした口当たりとしゅわっと溶けるような舌触りです。
そのため、味の濃いチョコレート菓子や肉料理と合わせて食べることで、植物性生クリームの美味しさがアクセントになり優しい味わいになります。
また、動物性生クリームと比べクセがなく、どんな人でも美味しく食べられるのも特徴のひとつです。

バタークリームの美味しさはなんといってもバターの風味が楽しめる後味です。
バターならではの豊かな風味が口いっぱいに広がり、幸せな気分にしてくれます。
また、ジャムや食紅を合わせることで可愛らしいパステルカラーのクリームを作り上げることも可能で、目で見ても美味しさが伝わってきます。
びっくりするほどなめらかな舌触りも美味しさの特徴です。

生クリームとバタークリーム、どちらがおいしいかは、はっきり言って甲乙つけがたいです。
だれでも楽しめるショートケーキを作るなら、動物性生クリームを使いましょう。
ほろ苦い大人な味を引き立てるのであれば、植物性生クリームがおすすめです。
どこか懐かしい気分に浸りたい時には、バタークリームを使ってみてください。

作りたいお菓子によって使うクリームを変えてみると、作っている間も楽しい気分になれるのではないでしょうか。

生クリームとバタークリーム、どちらのほうがカロリーは高いの?

お菓子を作る時にふと気になるのが、カロリーですよね。
実際に生クリームとバタークリームでは、どちらのほうがカロリーは高いのでしょうか。

動物性生クリームは100グラムあたり約430キロカロリーです。
一方、植物性生クリームは100グラムあたり約400キロカロリーになります。

筆者は、植物性生クリームのカロリーはもっと低いかと思っていました!
この2つのカロリーの差は、動物性生クリームは原料に乳脂肪を使用しているのに対し、植物性生クリームは植物油脂を使用している点です。
そのため、動物性生クリームよりも植物性生クリームのほうが若干カロリーを抑えてくれます。

バタークリームは100グラムあたり約500キロカロリーで、他のクリームと比べると一番カロリーが高いです。
バタークリームはバターのみを使用しているわけではなく、砂糖やジャムなどを混ぜ合わせて作ります。
そのため、どうしてもカロリーは高くなってしまうのです。
少しでもカロリーを抑えたい場合はバターと卵白、砂糖のみを使用してバタークリームを作るのが良いでしょう。
また、メレンゲタイプのクリームを作るのも、カロリーが抑えられるのでおすすめです。
それでも、他の生クリームと比べるとカロリーは高いので注意してください。

最近では、植物性生クリームの中に、低脂肪やカロリーオフといった表記のものがあります。
低脂肪の植物性生クリームは、通常の植物性生クリームと比べて、脂肪分が25%ほどカットされているのです。
例えば、カロリーを気にしているご両親のために手作りのケーキをプレゼントする際には、低脂肪の生クリームを使ってみるのも良いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は生クリームとバタークリームの違いや美味しさ、カロリーについて紹介しました。

生クリームとバタークリームの違いは、原材料だけでなく、口当たりや風味、保存が効く長さなど様々です。
お菓子の種類によってもマッチするクリームが変わってきます。

ただ、どのクリームもカロリーは比較的高いので、お菓子作りをする時にはカロリーも意識して作ってみてはいかがでしょうか。
筆者も生クリームとバタークリームそれぞれと相性の良いお菓子を意識してみようと思います!

スポンサーリンク

-食品

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

はちみつが固まる理由と溶かす方法!固まりにくいはちみつってあるの?

こんにちは!ライターのkomiです! あなたは、はちみつをよく食べますか?独特の甘みでスイーツから食事まで幅広く使えるはちみつ。 そんなはちみつは豊富な栄養が含まれていますので、毎日の生活の中に取り入 …

焼肉屋で大人気のホルモン!その種類の違い、各部位の特徴やカロリーは?

こんにちは!ライターのCocoです! あなたは焼肉って好きですか?わたしは大好きです!さすがに毎日は食べられませんが、ふと気になると食べたくなってしまう焼肉!お店の前を通ったりするともう食べたい気持ち …

和菓子と洋菓子の比較対決!健康に良いのはどっち?カロリーについても解説!

こんにちは!甘党ライターのnarakoです。 日本の食文化って本当に素晴らしい。そう思います。 どんなコンビニでも、地方の小さなスーパーでも、様々なスイーツが簡単に手に入るのですから。 だからこそ出て …

知っているようで知らない賞味期限と消費期限の違い!期限過ぎたら食べちゃダメ?!

こんにちは、ライターのぽんたです。 「賞味期限」と「消費期限」。日々スーパーなどで食品を選ぶ際、よく意識するのは賞味期限だと思われますが、どのような違いがあるのでしょうか? 私も食品を買う時は、表示さ …

和食のマナー!箸の使い方や焼き魚の食べ方!料理を食べる順番は?

こんにちは!ライターのYokoです! 白いご飯に温かい味噌汁は日本人のソウルフードですね!毎日食べても飽きません。 とはいえ、改まった席で和食を食べるとなると、心配なのがマナーです。 あなたは和食の正 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク