趣味 生活

DVDとブルーレイの違いとは?それぞれのメリットとデメリットは?

投稿日:

こんにちは!ライターのsyugetsuです!

見たい番組が重なってしまったときって困りますよね。
楽しみにしていたドラマや映画、バラエティ番組。最近は色々と見逃した番組を見る方法もあるとは聞きますが、やはり一番確実なのは録画予約です。

ただ録画予約をしようとして、DVDブルーレイの違いに困ったことはありませんか?
筆者は録画にDVDばかり使っていて、レンタルビデオ店などに行くときはDVDかどうか目を光らせています。なんとなくブルーレイは借りようと思わないのですよね。

今回はそんなDVDとブルーレイについて紹介していきます。

見た目もそっくりなDVDとブルーレイ。
実はどちらかでいい、というものでもないんです。

DVDとブルーレイの違い、それぞれのメリットやデメリット、ブルーレイプレイヤーでDVDは再生可能?その逆はどうか、そのあたりを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

DVDとブルーレイの違い

そもそもDVDとブルーレイは両方とも同じ光ディスクと呼ばれる情報媒体の一つです。
光ディスクとは、簡単に言ってしまうと光でディスクに情報を記録するものです。光をペン、ディスクをノートに例えると分かりやすいですね。また再生にも光を使います。

ではDVDとブルーレイはどこが違うのでしょう。
最もはっきりとした違いは、記録・再生に用いる光にあります。DVDに用いられる光は赤色半導体レーザー、ブルーレイに用いられるのは青紫色半導体レーザーです。

赤色半導体レーザーと青紫色半導体レーザー、つまり赤色の光と青色の光の違いは色とその太さです。光をレーザー、一本の線と考えたとき、赤色の光は青色の光の約5倍も太いものとなるのです。

先ほど光をペンに例えましたが、この例えで言いますと、赤色の光はマジックペン、青色の光はボールペンです。同じノートであれば先の細いボールペンのほうがたくさん書き込めますよね。

DVDは太いマジックペンでノートに書く技術、ブルーレイは細いボールペンでノートに書く技術です。DVDとブルーレイは同じ光ディスクの仲間ですが、ブルーレイのほうがより技術的に進歩したものであると言えます。

実際にディスクを購入するときはパッケージに注目してください。
DVDであればDVD、ブルーレイであればBDというアルファベットをデザインしたマークがどこかにあると思うので、探してみてください。

 

スポンサーリンク

それぞれのメリット・デメリット

DVDとブルーレイのメリットとデメリットは、記録・再生に用いる光の違いによるものが最も大きいです。

ブルーレイはDVDと比べ細い光で記録をするので、まず容量がDVDよりもずっと大きいです。一般的な片面一層というタイプのディスクで比較したとき、DVDの容量は4.7GBなのに対しなんとブルーレイの容量は25GB。5倍以上の大容量です。

この容量を録画できる時間に換算しますとDVDで約2時間なのに対しブルーレイでは約8時間30分。1時間のドラマが1クールに11話放送するとおよそ11時間になりますから、DVDなら6枚必要なところをブルーレイなら2枚で全話を録画できてしまいます。

またブルーレイのメリットとしては画質も挙げられます。

具体的にはこちらの動画をご覧ください。

【Comparativa Blu-ray vs DVD (HD)】

ブルーレイのほうが映像がきれいだと思いませんか?
画素と呼ばれる、映像に使われる点の数がブルーレイは多いです。一つの映像をより多くの点で描くためブルーレイのほうがきれいな映像になるのです。
ドラマや映画、ライブなどはきれいな映像で見たいですよね。ブルーレイでは音楽もより鮮明に聞こえるようになるので、クォリティにこだわるならブルーレイと言うことができそうです。

一方ブルーレイのデメリットとしては耐久性が挙げられます。
ブルーレイはDVDよりも繊細です。映像を保護する保護層と呼ばれる部分がDVDよりも薄いため、ほんのささいな傷で読み取りエラーを起こしてしまいます。ブルーレイを保管する際は専用の不織布ケースやプラケースを用意する必要があります。

ブルーレイはDVDよりも高価な点もデメリットです。DVDが一枚50円なのに対し、ブルーレイは一枚200円もします。録画できる時間を考えるとコストパフォーマンスは変わらないですが、DVDプレイヤーよりもブルーレイプレイヤーのほうが高いため、やはりブルーレイのほうが高くついてしまいます。

 

ブルーレイプレイヤーでDVDは再生可能?その逆は?

家にあるのはブルーレイプレイヤーなのにうっかりDVDを買ってしまった、逆にDVDプレイヤーなのにうっかりブルーレイを買ってしまった、なんてことは珍しくないです。ではこういう場合、お互いに再生は可能なのでしょうか?

ブルーレイプレイヤーでDVDを再生できる場合は多いです。ブルーレイプレイヤーの中にはCD・DVDの使用も前提に設計されているものがあるためです。

ですが逆にDVDプレイヤーでブルーレイは再生できません。ブルーレイは専用のプレイヤーが必要です。

最近はパソコンでDVDを再生することも多いですよね。
DVDに対応するパソコンは多いですが、ブルーレイに対応したパソコンはまだ少数です。外付けのブルーレイプレイヤーを付けるか、ブルーレイ再生用有料ソフトをインストールすれば、再生可能になります。あまり古いパソコンだとそもそもの性能が低いためにブルーレイを再生ができないということもありえます。

またブルーレイプレイヤーを使っていても注意しなければならないことが一つあります。
ブルーレイには記録されている映像をコピーさせないためにAACSという鍵がかかっています。このAACSは定期的に更新されるのですが、古いプレイヤーの場合更新が追い付いていないがために、同じブルーレイであっても再生できないことがあるのです。

どうやら使い勝手という面ではDVDに軍配が上がるようです。

 

まとめ

今回はDVDとブルーレイの違い、それぞれのメリットデメリット、ブルーレイプレイヤーでDVDは再生するのは可能か、その逆はどうかという辺りを紹介してきました。

・DVDとブルーレイの違いは記録に用いる光によるもの。ブルーレイのほうが技術的に進歩している
・ブルーレイのメリットは録画時間が長く、画質や音質がいい点。デメリットはDVDより壊れやすく、価格が高い点
・DVDは反対に安価で頑丈だが、録画時間が短く画質や音質はブルーレイには及ばない
・ブルーレイプレイヤーでDVDを再生することはできるが、DVDプレイヤーでブルーレイを再生することはできない
・多くのパソコンではDVDを再生することはできるが、ブルーレイは外付けのブルーレイプレイヤーを付けるかブルーレイ再生用ソフトをインストールしないと、再生できない場合が多い

お気に入りの映画やライブなど、こだわりの強いものはブルーレイで見て、それ以外の、普段見るようなものならDVDで充分かな、と筆者は思ってしまいました。

あなたはどうでしょうか?
DVDとブルーレイ、それぞれに個性がありますので、使い方、使い分け方を考えてみると面白いかもしれませんね!

スポンサーリンク

-趣味, 生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日記の効果的な書き方!継続するために3つのコツを押さえよう!

こんにちは、ライターの松子です。 あなたには“習慣”があるでしょうか? 筆者である私は、いわゆる三日坊主が得意で「コレをしよう!」と決めて始めてみても、それを習慣化して続ける……ということがとても苦手 …

俳句の作り方のコツ!季語とは何か?初心者でもわかる簡単解説!

こんにちは!ライターのtenniscatです! この記事はこれから趣味で俳句を始めようとされている方であったり、あるいは始めてみたけれどつまずいてしまっている方にピッタリな内容をお伝えします。 「俳句 …

誕生石一覧と意味を紹介!由来は?身に着けるものなの?なぜ複数あるの?

こんにちは!ライターのharukaです。 先日、百貨店へ買い物に行った際にジュエリーショップも覗いてみました。リング、ネックレス、ブレスレット…たくさん種類があり、見ているだけで楽しかったです。 それ …

辛い冷え性には靴下が必須?寝る時には履く?履かない?

こんにちは、ライターの松子です。 さて。早速ですが、女性にとっての大敵の一つとして「冷え」が挙げられますよね。 かく言う私も冷え性で、冬場はもちろんのこと、夏でも冷房などは場合によっては辛いです……。 …

カラオケで高い点数を出すコツ!機械の採点基準は?もう音痴なんて言わせない!

こんにちは!ライターのharukaです。 学生の頃、カラオケで長くアルバイトをしていました。 よくお客さんから「高い点数出すコツないの?」と聞かれました。 カラオケで採点をするのであれば、できるだけ高 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Secured By miniOrange