健康・美容

ブルーライトに困っているあなたへ!その対策とおすすめグッズをご紹介します!

投稿日:2019年6月21日 更新日:

こんにちは!ライターのCocoです!
あなたはパソコンって使いますか?私はお仕事でも趣味でもパソコンをよく使うので、日常生活の中で、パソコンとは切っても切れない縁です。

そんなパソコンから出ているブルーライトというものが数年前から大きく取り上げられていますよね。なんとなくの意味や、聞いたことはあるけれど、実際どのようなもので、どれだけ目に悪いのかっていうことまで知らなかったりするのではないでしょうか。

最近、目が疲れやすいのであれば、その原因はブルーライトかもしれませんよ。そこで今回はブルーライトに困っているあなたに!対策とおすすめグッズをご紹介したいと思います!

 

スポンサーリンク

ブルーライトとは

そもそもブルーライトとはなんでしょうか?あまりブルーライトについて知らなかった私は、「パソコンから青い光が出てるのかなー?」、「その光が目に悪いんだ」程度にしか思っていませんでした。そこで少し詳しくブルーライトについて調べてみました。

ブルーライトとは、波長が380~500nmの青い光。人間の目で見ることの可能な光の中で最も強い力をもっています。角膜や水晶体で吸収されないので、網膜にそのまま到達してしまいます。人の網膜に達する光の中で紫外線により近い強さの光のことだそうです。

なんだか怖いですね。ちなみにご存知の方も多いとは思いますが、ブルーライトはなにもパソコンだけではありません。仕事で長時間パソコンを使う人だけの問題ではないのです。私たちの身近にあって、必要不可欠なスマホからももちろんブルーライトは出ています。

また液晶テレビや、LEDライトなど日常生活の様々な場面で、私たちの目はブルーライトを受けているのです。

ブルーライトの影響

ブルーライトが人体に悪いということは知っているかもしれませんが、具体的にどのような影響が出るのでしょうか。ブルーライトによる人体への影響は様々あります。詳しくみていきましょう。

・目が疲れる
ブルーライトは波長最も短く、散乱しやすいと言われています。人は物を見るときに水晶体でピントを合わせていますが、ブルーライトの光は散乱しやすくピントが合いづらいのです。

そのせいで無意識にピントを合わせようとレンズを調節し、目は常に働いている状態になってしまいます。ブルーライトで目が疲れる理由はそこにあったのです。

・網膜への刺激
ブルーライトは角膜や水晶体で吸収されず直接、網膜に届いてしまいます。そのため網膜にある「黄斑」がダメージを受け、「加齢黄斑変性」の原因になることがあるそうです。「加齢黄斑変性」はアメリカでは65歳以上の高齢の方の失明の原因の1位になっているという報告もあります。

・睡眠障害
網膜へブルーライトの強い光が届くことにより、脳は夜なのに朝だと勘違いをするそうです。そのせいで、人の日常の生活周期のリズムが乱れます。生活周期が乱れると自律神経、ホルモンバランスも崩れてしまい、眠りの質の低下につながります。

・体内リズムが乱れる
ブルーライトの脳への刺激により、さきほどお伝えしたように体内リズムが乱れます。それにより自律神経やホルモンに関わる様々な障害を引き起こす可能性があります。

・肥満やガンなどのリスク
また、その他にこれらの病気に対するブルーライトの研究も行われています。脳へのブルーライトの刺激により、日常生活の生活周期のリズムが乱れます。それにより、ホルモンバランスも崩れ血糖値を上昇させたり、糖尿病を引き起こしたりする可能性があると言われているのです。

【ブルーライトが人体に与える影響】

このようにブルーライトには様々な体への悪影響が潜んでいます!

 

スポンサーリンク

ブルーライトへの対策

ブルーライトの恐ろしさが分かってきました。では日常の中で避けては通れないブルーライト。対策する方法はあるのでしょうか。

・パソコンやスマホの使用時間を抑える
まずは何と言ってもこれです。今や仕事などで、パソコンは必需品です。ですがなるべく使用時間は最小限で済ませましょう。また現代人は、例えば電車の中を見ていても、常にスマホをいじっていたりするものです。ですが、できればスマホの使用も必要な時だけにしたいものです。

・画面を暗くする
画面は明るい方がもちろん見やすいし美しい物です。明るいということは光がたくさん出ているということ。その分ブルーライトも多く浴びているということです。できるだけ明るさを調節してみてはいかがでしょうか。

費用もかかりませんし、手軽にできることですよね。ただし、あまりに画面を暗くすると余計に目の負担になってしまいますので、その辺はある程度の見やすさも考慮してくださいね。

・ブルーライトをカットする製品を使用する
ブルーライトが話題になってからというもの、ブルーライトをカットする製品もたくさん発売されています。パソコンやスマホの画面にはるシートや、ブルーライトをカットするメガネなど様々です。

通常の眼鏡屋さんでもレンズをブルーカットのものにしてもらうこともできますよね。ブルーライトカットアイテムは製品により20%~90%までカット率にも幅があります。

もちろん高ければ高い方が良いのですが、見え方が変わってしまうというところがマイナスポイントです。写真や、せっかくの液晶の鮮やかさも低下してしまいますので、色を重視する仕事の方などには不向きな物もあるようです。

・抗酸化作用のある食品やサプリメントを取り入れる
抗酸化作用のある食品やサプリメントを摂取することで、長期的に見るとブルーライトの影響を抑えることができるそう。普段から健康的な食生活を心掛けましょう。

・スマホアプリを使う
スマホアプリにはブルーライトをカットしてくれるアプリもあります。無料のアプリもたくさんあるのでぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

ブルーライト対策に使えるグッズ

では最後にブルーライト対策に使えるおすすめグッズをご紹介したいと思います。ブルーライト対策に使えるグッズは色々なものが発売されています。簡単に使えるものばかりですのでぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

 

【Duduma ブルーライトカットパソコン用メガネ UVカット 紫外線99%カット Du1828 (ブラックフレーム)】

Amazonはこちら↓
Duduma ブルーライトカットパソコン用メガネ UVカット 紫外線99%カット Du1828 (ブラックフレーム)

ブルーライトを90%、紫外線を99%カット!そしてなんと言っても超軽量なのが魅力的。20g程度の重さしかないため、疲れにくい。シンプルでヴィンテージなデザインなので誰にでも合いますし、外にも気にせずかけて出かけられるお洒落さも魅力です。

 

【iPhone7/iPhone8ガラスフィルム ブルーライトカット】

Amazonはこちら↓
iPhone7/iPhone8ガラスフィルム ブルーライトカット Tinin 炭素繊維3D全面強化ガラス 視力液晶保護フィルム 極薄0.25mm 業界最強9H硬度 透過率99%【日本製 旭硝子 】 自己吸着 指紋防止 気泡ゼロ(ホワイト)

ブルーライトを最大92%カットしてくれるスマホ液晶フィルム。しかも強化ガラスフィルムなので液晶の保護にも活躍してくれます。指紋を防ぎ、美しい画面で滑らかでタッチパネルの反応も悪くすることなく、快適に操作ができます。

 

【PCフィルター専門工房 プライバシーフィルター ブルーライトカット紫外線カット 反射防止 両面使用可能 静電気防止 のぞき見防止フィルター】

Amazonはこちら↓
PCフィルター専門工房 プライバシーフィルター ブルーライトカット紫外線カット 反射防止 両面使用可能 静電気防止 のぞき見防止フィルター 21.5インチ 16:9

ブルーライトを49%カットしてくれるパソコンの液晶フィルム。また左右30度より外の角度からか画面が真っ黒に見えるため、のぞき見を防止ししてくれ、プライバシーも保護されます。様々なサイズに対応しているのでおすすめです!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。日常で使っている様々なものから私たちはブルーライトを浴びているんですね!そしてそのブルーライトの影響ってとっても怖いものだと思いました。

・ブルーライトは人体にさまざまな影響を及ぼす。
・日常の中でパソコンだけでなく、色々なものから私たちの目はブルーライトを浴びている。
・ブルーライトを大きくカットできる製品を使うのも一つの手。

ただでさえ、年を重ねるごとに体は消耗していきますが、なるべく長く健康でいたいと思うのは誰もが思うことではないでしょうか。

目も同じですよね。そのためには、ブルーライトカットは欠かせません!私もそんなに重大に受け止めず、「大丈夫だろう」とあまり対策をしてきませんでしたが、パソコンと向き合う時間が長いのできちんとブルーライト対策はしようと、心に誓いました。

手軽に無料でできる事や安価な物もあるので、あなたもぜひブルーライト対策をしてみてはいかがでしょうか?目の疲れが少しでも改善したり、目の健康を守ったりすることになるはずです。

スポンサーリンク

-健康・美容

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おならが異常に臭い原因は〇〇だった!臭い対策と回数を減らす方法!

こんにちは、ライターのmarieです。 恥ずかしながら、わたしはおならをしたくなる回数が多いです。「今は絶対だめ…!」というときに限って、おならが出そうになります。 もちろん、なんとか頑張って絶対にお …

日本人は塩分摂りすぎ!控えるための具体的な方法!なぜ摂り過ぎは物凄く危険なのか?

こんにちは!ライターのしらぽんです! 20代の時はあまり気にしなかった塩分。 30代も半ばに差し掛かると、結構気になってくるものですよね。 しらぽんも腎臓に難ありな家系のため、父親から 「塩分だけは気 …

カレーに秘められた健康パワー!その効果は絶大!朝カレーってどうなの?

こんにちは!ライターのtenniscatです! カレーは私たちの生活の中にすごく自然に溶け込んでいて、スーパーに行けばカレールーの箱がズラリと並んでいます。 さらには、知らない土地の定食屋さんに出掛け …

日光浴の効果とやり方!元気が出ないのは太陽を浴びてないからかも?!

こんにちは!ライターのmiinaです いきなりですが、あなたは最近日の光を浴びていますか? 私は最近、仕事の時間が夜よりになってしまっているため日光に当たる時間が少なくなってきているんですよね。 朝に …

なぜ?足の裏が燃えるほど熱い!その辛さの原因と対処方法を教えます!

こんにちは!ライターのYokoです! あなたは、足の裏がほてって寝付けないほどになった経験はありますか?また、そうなったときに、足を冷やしたりしていないでしょうか? しかし、足が熱いからといってむやみ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク