趣味

LCCを利用して【お得】に旅行しましょう!各航空会社の特徴と注意点とは?

投稿日:2019年6月28日 更新日:

こんにちは!ライターのソフィです。

色んな所に旅行したいけど、出費が気になって行けないことも多いのではないでしょうか。そんな時に便利なのが、LCCなのです。でもJALなどの主要な航空会社に比べると、予約の仕方やサービス面で不安がありますよね。

筆者も利用してみる前は少し不安でした。でも実際に利用してみると、思ったよりも簡単でお得に旅行できて良かったです。ただ航空会社によってその特徴が変わりますから、それを先に知っておくと更に安心でしょう。

そこで今回はLCCとは何か?、各航空会社LCC)の特徴、LCCを利用する時の注意点などについてご紹介します。

 

スポンサーリンク

LCCとは何?


LCCとは「Low-Cost Carrier」(ローコストキャリア)の略称で、つまり「格安航空会社」と言う意味です。座席を狭くしたり、荷物の預け入れや持ち込みに別料金をかけるなどする代わりに、基本航空運賃が格安になります。

日本では、ピーチジェットスター2大LCCと言われています。その他には、バニラエアエアドゥーソラシドエアエアアジアジャパンなどがあります。

予約は通常、インターネットで各航空会社のホームページから行う必要があります。旅行会社では取り扱いが無い場合が多いですから、ご自分でネット上で行いましょう。でもその予約の方法は特に難しいわけではなく、以下の様な流れとなります。

(1)日付と利用空港(どこの空港から、どこの空港へ行くのか)と選択する
(2)希望の運賃タイプを選択する
(3)オプションサービス(座席の指定や受託手荷物など)を追加する
(4)予約の内容を確認して、クレジットカードで支払い、または予約してコンビニで支払い
または、予約だけして後で支払い(予約日によっては可能)
(5)支払いが完了するとチケットの情報がメールで届くので、それをプリントする

 

スポンサーリンク

各航空会社(LCC)の特徴

各LCC(格安航空会社)によってその特徴が違いますので、それぞれを紹介します。

(1)ピーチ(ピーチ・アビエーション)
ピーチは日本で初めての本格LCCで、2017年に全日空の連結子会社となりました。

最大の拠点は関西空港で、その他にも成田、長崎、鹿児島、那覇、仙台、新石垣、ソウル、香港、台北など、日本各地とアジアの数か所に路線があります。

3種類の運賃体系があります。
(どの種類を選択しても支払手数料の540円がかかります)

シンプルピーチ
一番安い運賃で、受託手荷物、座席指定、予約変更など、ほとんどのオプションが有料になります。キャンセルすると払ったお金は戻って来ません。

(機内持ち込みの荷物は7キロまでは無料)出来るだけ安く、しかも受託手荷物などのオプションは必要ない人には良いタイプです。

・バリューピーチ
機内持ち込みの荷物(7キロまで)、受託手荷物(1つまで)、座席指定、予約変更が無料になる運賃です。

キャンセルしても1,080円の手数料を差し引いた金額がピーチポイントで払い戻しされます。受託手荷物などのオプションを付ける場合には、シンプルバニラよりお得になることも多いです。

・プライムピーチ
機内持ち込みの荷物(7キロまで)、受託手荷物(2つまで)、座席の指定、予約の変更が無料になる運賃です。キャンセルしても全額がピーチポイントで払い戻しされます。

受託手荷物が2つある場合やキャンセルする可能性がある場合にはお得なタイプです。

ピーチにはマイレージサービスはありません。ピーチポイントというものがありますが、これはマイレージとは異なり、予約取り消しなどの際に返金する代わりにポイントで払い戻しされるシステムです。

関西空港と那覇空港でLCC専用ターミナルが使用されるため、20分は余計に時間がかかります。待ち合わせや乗り継ぎがある場合には、時間に余裕を持つことが必要になります。

2)ジェットスター
カンタス航空の子会社で、国内では関西空港、成田、札幌、福岡、名古屋、那覇、大分、熊本、松山、高知、高松、宮古、海外にもオーストラリアの各都市、中国の各都市、カンボジアの各都市、インドネシアの各都市、マレーシアの各都市、ニュージーランドの各都市、ベトナムの各都市など多くの空港に路線があります

6種類の運賃体系があります。
(どの種類を選択しても支払手数料の500円がかかります)

・エコノミークラス Starter
一番安い運賃で、受託手荷物、座席指定、予約変更など、ほとんどのオプションが有料になります。キャンセルすると払ったお金は戻って来ません。

(機内持ち込みの荷物は7キロまでは無料)出来るだけ安く、しかも受託手荷物などのオプションは必要ない人には良いタイプです。

・エコノミークラス Starter Plus
機内持ち込みの荷物(7キロまで)、受託手荷物(20kgまで)、座席指定(スタンダードシートのみ)、機内食と飲み物(国際線のみ)、予約変更が無料になる運賃です。キャンセルすると払ったお金は戻って来ません。提携航空会社のマイレージを貯めることが出来ます。

受託手荷物などのオプションを付ける場合には、Starterよりお得になることも多いです。

・エコノミークラス Starter Max
機内持ち込みの荷物(7キロまで)、受託手荷物(30kgまで)、座席指定(アップフロントシート、エクストラ・レッグシートも選択可能)、機内食と飲み物(国際線のみ)、予約変更が無料になる運賃です。

キャンセルしてもフライトバウチャーで払い戻しされます。提携航空会社のマイレージを貯めることが出来ます。受託手荷物が重い場合やキャンセルする可能性がある場合にはお得なタイプです。

・エコノミークラス Starter FlexiBiz
機内持ち込みの荷物(10キロまで)、座席指定(アップフロントシート選択可能)、機内食と飲み物(国際線のみ)、予約変更(当日でも可能)が無料になる運賃です。

キャンセルしてもフライトバウチャーで払い戻しされます。機内持ち込みの荷物が重い場合やキャンセルする可能性がある場合にはお得なタイプです。

・ビジネスクラス Business
機内持ち込みの荷物(14キロまで:7キロx2個)、受託手荷物(30kgまで)、座席指定(ビジネスクラス専用シート)、機内エンターテイメント、機内快適グッズ、予約変更が無料になる運賃です。荷物が多く、座席が広い方が良い場合におすすめのタイプです。

・ビジネスクラス Business Max
機内持ち込みの荷物(14キロまで:7キロx2個)、受託手荷物(30kgまで)、座席指定(ビジネスクラス専用シート)、機内エンターテイメント機内快適グッズ予約変更が無料になる運賃です。

提携航空会社のマイレージを貯めることが出来ます。キャンセルしても手数料を差し引いた金額が払い戻しされます。荷物が多く、座席が広い方が良い場合、そしてキャンセルする可能性がある場合におすすめのタイプです。

ジェットスターにはマイレージサービスはありません。ただし、追加のオプションにはJALのマイレージがたまりますし、JALのマイレージを使ってジェットスターの国内線に搭乗することが可能です。また、国際線ではカンタス航空のマイレージに加算することが出来ます。

(3)バニラエア
全日空の子会社で、関西空港、成田、札幌、函館、福岡、那覇、石垣、奄美大島、香港、台北など、日本各地とアジアの数か所に路線があります。
3種類の運賃体系があります。
(どの種類を選択しても支払手数料の600円がかかります)

・シンプルバニラ
一番安い運賃で、受託手荷物、座席指定、予約変更など、ほとんどのオプションが有料になります。キャンセルすると払ったお金は戻って来ません。出来るだけ安く、しかも受託手荷物などのオプションは必要ない人には良いタイプです。

・わくわくバニラ
キャンペーン中のみ、バーゲン価格で購入することが出来ます。
受託手荷物、座席指定など、ほとんどのオプションが有料になります。キャンセルや便の変更をすると払ったお金は戻って来ません。バーゲン価格ですが、キャンセルや便の変更が出来ませんから、予約する前にきちんと予定を確認するようにしましょう。

・コミコミバニラ
受託手荷物(20kgまで)、座席の指定(アップフロントシート可)、無料になる運賃です。予約の変更は手数料(500円~1000円)を差し引いた金額が払い戻しされます。

キャンセルすると手数料(3000円~8000円)を差し引いた金額が払い戻しされます。受託手荷物などのオプションを付ける場合やキャンセルする可能性がある場合にはお得なタイプです。

バニラエアにはマイレージサービスはありませんが、全日空のマイレージを使ってバニラエアに搭乗することは可能です。

関西空港と那覇空港でLCC専用ターミナルが使用されるため、20分は余計に時間がかかります。待ち合わせや乗り継ぎがある場合には、時間に余裕を持つことが必要になります。

その他のLCC(エアドゥー、ソラシドエアなど)も上記3社と同じように、基本運賃に受託手荷物や座席指定などに別途の料金がかかる仕組みになっています。
ジェットスターに搭乗する時の動画がありますから、良かったら参考にして下さい。

【LCCの乗り方!ジェットスター編!】

この動画でも説明されているように、LCCのチェックインは、機械を使うことが多いです。

でも操作方法は分かりやすく表示されていますし、意外と簡単に出来ます。

 

LCCを利用する時の注意点

LCCは安く飛行機に乗れるメリットがある反面、いくつか注意が必要なことがあります。

・追加料金
各航空会社によって運賃の種類は色々とありますが、安い運賃ほど受託手荷物や座席の指定などに追加料金が発生します。

運賃だけ見るとすごく安いように見えても、いくつかの追加料金を足した合計金額は、全日空など主要な航空会社の運賃とあまり変わらない場合もあります。

ですから、予約をする前に必要な追加サービスを入れた合計金額を計算して比較した方が良いでしょう。

・便の変更、キャンセル
便の変更や払い戻しが出来ないタイプの運賃もありますし、出来たとしても高額な手数料がかかってしまうこともあります。旅の予定をきちんと確認してから、予約するようにした方が良いでしょう。

・受託手荷物のサイズ
預入する荷物の大きさや重量が、全日空など主要な航空会社より低く設定されていることがほとんどです。

預ける際にサイズ(大きさと重量)をチェックされますし、もしそれを超えている場合には更に追加料金がかかってしまいますから気を付けましょう。

・LCC専用ターミナル
LCCの飛行機を使う際にはLCC専用ターミナルが使われることが多くなります。LCC専用ターミナルは通常のターミナルから離れていることも多いですから、アクセスに時間がかかります。

ですからLCCを利用する場合には、早めにターミナルに着くように行ったり、乗り継ぎの飛行機がある場合には余分な時間を作る必要があります。

ターミナル間の移動に時間がかかって、乗り継ぎの便に乗ることが出来ない可能性もありますから、注意が必要です。

 

まとめ

今回はLCCとは何か?、各航空会社(LCC)の特徴、LCCを利用する時の注意点について紹介しました。

・LCCとは「Low-Cost Carrier」(ローコストキャリア)の略称で「格安航空会社」と言う意味
・ピーチの運賃:「シンプルピーチ」「バリューピーチ」「プライムピーチ」
シンプルピーチは一番安いが、ほとんどの追加サービスに料金がかかってしまう
・ジェットスターの運賃:「エコノミーStarter」「エコノミーStarter Plus」」「エコノミーStarter Max」「エコノミーStarter FlexiBiz」「ビジネスBusiness」」「ビジネスBusiness Max」
ビジネスクラスだと機内エンターテイメント、機内快適グッズも無料になる
・バニラエアの運賃:「シンプルバニラ」「わくわくバニラ」「コミコミバニラ」
わくわくバニラはキャンペーン中のみのバーゲン価格
・注意点1:安い運賃ほど受託手荷物や座席の指定などに追加料金が発生する
・注意点2:便の変更や払い戻しが出来ないか、出来たとしても高額な手数料がかかる
・注意点3:預入できる荷物の大きさや重量が低く設定されている
・注意点4:LCC専用ターミナルはアクセスに時間がかかる

LCCは普段からお得な料金でチケットを購入することが出来ますが、定期的にキャンペーンを行って更に格安な料金になることもあります。ただし、そのバーゲン価格のチケットはキャンセルや変更が出来ない場合がほとんどですから、購入する際には気を付けましょう。

また上記の注意点でも説明しましたが、LCCの飛行機を利用する際にはターミナルが離れている場合が多いですから、乗継便がある場合には注意しましょう。私は成田空港までLCCで行って、その後に国際線に乗る予定だったのですが、ターミナルのことが頭に無くて危うく国際線に乗り遅れそうになったことがあります。

でも注意点だけ気を付けると、お得に旅行できるLCCです。節約できた分は旅行先で美味しい食事代や、ちょっと贅沢なエステなどに充てることが出来て嬉しいですよね。

LCCを利用して、楽しい旅をして下さいね。

スポンサーリンク

-趣味

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新幹線と飛行機を比較!料金や時間、メリットやデメリットを調べてみました!

こんにちは、ライターのまり金魚です! 今回は飛行機と新幹線どちらがお得か調べました。 最近は料金比較サイトや旅行プランがたくさんあり、迷ってしまいますね。 筆者が時間と料金を比べてコスパを計算した結果 …

花を長持ちさせる方法!水を替える頻度や飾る場所を変えるだけで全然違う!

こんにちは!ライターのharukaです。 先日、主人の母から菜の花と梅の木をいただきました。私はお花が好きですが、自分で花を買うことはほとんどないです。なぜなら、なかなか長持ちさせることができないから …

将棋のルール!初心者でも簡単に理解できる!駒の動かし方など基本から教えます。

こんにちは、古今東西いろいろなゲームに詳しいライターの音庭です。 今回はゲームマスターがおススメする日本の「将棋」についてご説明していきたいと思います。 将棋というと名前は誰しもが必ず聞いたことがある …

日記の効果的な書き方!継続するために3つのコツを押さえよう!

こんにちは、ライターの松子です。 あなたには“習慣”があるでしょうか? 筆者である私は、いわゆる三日坊主が得意で「コレをしよう!」と決めて始めてみても、それを習慣化して続ける……ということがとても苦手 …

俳句の作り方のコツ!季語とは何か?初心者でもわかる簡単解説!

こんにちは!ライターのtenniscatです! この記事はこれから趣味で俳句を始めようとされている方であったり、あるいは始めてみたけれどつまずいてしまっている方にピッタリな内容をお伝えします。 「俳句 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク