生活

バスタオルの洗濯すべき頻度をご紹介!知らずにいると怖い!

投稿日:2020年3月18日 更新日:

こんにちは。ライターの松子です。
今回は身近なもの……バスタオルについてのお話です。

あなたは、家で使用するバスタオルを、どのように扱っていますか?
その扱いに対して疑問を持ったからこそ、この記事を読んでくださっているのでしょう。
家庭によって、バスタオルの使用方法はきっと違うのだろうと思いますが、あなたはそれについて迷っている・悩んでいるのですよね。

そこで、今回は「正しいバスタオルの扱い方」をご紹介していこうと思います!

 

スポンサーリンク

バスタオルは汚れてる!

まずお伝えしておかなければならないことがあります。

それは、バスタオルは汚れるものである、ということです。バスタオルは、お風呂に入って体を綺麗にした後に使うものですから「まさか、そんな大袈裟な……」と思うかもしれませんが、残念ながらこれは事実です。

使用したバスタオルはどのくらい汚れているのか?濡れた体を拭いた後の濡れたバスタオルは、ズバリ「雑菌の温床」です。

キレイに洗ったはずの体でも、気温や部屋の温度によって、湯上りに汗をかくこともありますよね。そうして吸収した汗や、体に残った汚れを拭き取るのがバスタオルの役目です。

つまり、バスタオルは「汚れをすべて拭き取ってくれる」アイテムなのです。だからこそ、バスタオルは使ったまま放置しておくのはもちろん、そのまま干して翌日も使う……なんてことをしてしまうと、その間にさらに雑菌は繁殖していきます。

バスタオルは一度使えば「汚れるもの」と心得ておきましょう。

こちらの動画では、バスタオルの雑菌について、そして、バスタオルを洗うのは一体使用してから何日目?というアンケートの結果をまとめています。

【【アンケート調査】ライフハック使用のバスタオルは雑菌だらけ 3日で雑巾並み、1週間では排水溝並み】

ぜひチェックしてくださいね!

 

スポンサーリンク

バスタオルを洗う頻度


さて、今度は「雑菌の繁殖をなんとかしたいけれど、それじゃあバスタオルを洗う頻度ってどのくらいなの?」という疑問が生まれたのではないでしょうか?

バスタオルを洗う頻度として一番良いのは、やはり毎日洗濯をすることです。これでバスタオルの清潔は保たれます――が、しかし。洗濯だけでは雑菌を取り除ききれないのが実際のところ。

では、どうすればいいのか?次の項目で詳しく解説していきますね。

 

除菌も忘れず行おう


バスタオルの洗濯は、体のことを考えれば必須事項と言っても過言ではないでしょう。しかし、洗濯だけでは心許ないことも……。

そこで活躍するのが、酸素系の漂白剤です。漂白剤と言えば、筆者はワイドハイターがポンッと思い浮かびます。漂白剤は真っ白にさせるものもあれば、色柄用でも使えるハイターもあります。このハイターを熱めのお湯に加えて、そこに除菌したいバスタオルを入れ、しばらく浸けておきます。

大体2,3時間そのまま放置していてOKですが、満遍なく薬剤が染み渡るように、時折かき混ぜてあげることも必要です。ビニール手袋や割り箸を使えば手を汚してしまう・傷めてしまうことは避けられるので、バスタオルの除菌については、この方法が筆者のオススメですね。

そして、バスタオルの浸けおきが終わったら、除菌したバスタオルを洗うべく洗濯機へGO!そして、洗濯機によーく洗ってもらいます。

これでバスタオルの正しい使い方、どのくらいの頻度で洗うものなのか?という、あなたが考えていた問題は解決できたのではないでしょうか。

 

まとめ

それでは最後に、ご紹介したことを簡単にまとめていきたいと思います。

◇バスタオルは汚れるもの
いくら体をキレイに洗ったとしても、その後に湯上りで汗をかいたり、汚れを拭き取る役目を担っているのがバスタオルですから、それをそのまま放置してしまうと、雑菌がどんどん繁殖していってしまいます。

◇バスタオルを洗う頻度
バスタオルは毎日、きちんと洗ったものを使用しましょう。汚れ――というより、雑菌を体に擦りつけているようでは、せっかくお風呂に入っても意味がありません。大判のバスタオルは場合によっては干しにくいかもしれませんが、健康のためにもしっかり気をつけてほしいポイントです。

◇除菌も大切!
バスタオルの洗濯は、体のことを考えれば必須事項、と言っても過言ではないでしょう。しかし「ただ洗濯をするだけじゃ心許ない……」という不安を解消、そして何よりバスタオルの清潔さを保つため、洗濯機にバスタオルを入れる前に、まずはハイターなどの漂白剤に浸けるようにするとGOOD!

さて。「なかなか面倒だなぁ……」と感じたかもしれませんが、バスタオルに潜む汚れ、雑菌のことを考えると、その考えを改めようと思いませんか?

お風呂は心身共に、リラックスさせてくれます。それなのに、せっかくキレイにした髪や体に雑菌をつけてしまうのは、もちろん嫌ですよね。

この記事でご紹介したことをぜひ実践して、お風呂上がりだからこそ清潔で、何より快適なリラックスタイムをあなたが、そしてあなたの大切な家族たちが味わえますように。

スポンサーリンク

-生活

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日記の効果的な書き方!継続するために3つのコツを押さえよう!

こんにちは、ライターの松子です。 あなたには“習慣”があるでしょうか? 筆者である私は、いわゆる三日坊主が得意で「コレをしよう!」と決めて始めてみても、それを習慣化して続ける……ということがとても苦手 …

グーグル翻訳の使い方のコツ!翻訳の精度はどれくらいなの?

こんにちは!ライターのソフィです。 グローバル化が進んでいる現在ですから、外国語に接する機会も増えて来ていますよね。 特に営業職に就いているあなたは仕事で外国人を接したり、外国語で記載された商品を取り …

こたつ派?ホットカーペット派?電気代の比較やメリット・デメリット!

こんにちは!ライターのnatsuです! 寒い時期になくてはならない暖房器具。 しかし、寒いからといってつい何も気にせず使った結果、電気代の請求をみてびっくりしたことはありませんか? 我が家では毎年寒く …

商品券を郵送する方法とは!補償の有無で料金の違いは?

こんにちは、ライターのmarieです。 お祝いやお礼として、商品券を渡すことがあります。手渡しできればいいですが、郵送したいときはどのような方法があるのでしょうか? わたしは1度だけ、現金を郵送したこ …

あなたは知ってる?タクシーとハイヤーの違い!この疑問、サクッと解決します!

こんにちは、ライターの松子です。 さて、今回は気軽に利用することができる、あの乗り物についてのお話です。 会社勤めをしていると、使う機会が多いかもしれません。 あの乗り物……そう「タクシー」です。 「 …

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Secured By miniOrange